Helios2+ Time of Flight (ToF) 3Dカメラ

LUCIDの3D ISPコアとSonyのDepthSense IMX556飛行時間(ToF)センサーを搭載し、必要な精度と正確さを備えたIP67「ファクトリー・タフ」高性能3Dカメラを手に入れよう。Helios2+は、オリジナルのHelios2と同じ優れた機能を備えていますが、ハイダイナミックレンジ(HDR)とハイスピードモードという2つの新機能が追加されています。Helios2+は、過酷な産業環境で24時間365日稼働するために、比類のない深度データの明瞭さと高速3Dイメージングを提供します。

センサ名
Sony DepthSense IMX556 CMOS
有効画素数
0.3 MP 640 x 480 px
フレームレート
30 FPS (Normal)
10 FPS (HDR)
103 FPS (High-Speed)
型番モノクロ/カラーGigEコネクタ電源
HTP003S-001モノクロM12含まれていません

USD $1,745.00

Login to see prices
商品コード: HTP003S-001 商品カテゴリー:

Helios2+ Time-of-Flight Camera with On-Camera HDR & High Speed Features

Helios2+は、Helios2 ToFカメラの進化版で、Helios2の特長はそのままに、ハイダイナミックレンジ(HDR)モードとハイスピードモードの2つの新機能を搭載し、厳しい環境下での撮影を可能にしました。 HDRモードとハイスピードモードは、すべてカメラ内の処理で実現されており、ビジョンシステムのバックエンドの変更は最小限で済みます。Helios2+は、従来の製品と同じ「ファクトリー・タフ」な産業用プラットフォームを採用しており、機械的・電子的にHelios2と100%の互換性があるため、既存のお客様にシームレスなアップグレードパスを提供します。Helios2+は、コンパクトな筐体と高い信頼性、そして魅力的な価格設定により、3D検査、自動化されたマテリアルハンドリング、ロボット工学など、要求の厳しい3Dアプリケーションの効率化とシステム全体のコスト削減に最適です。

ハイダイナミックレンジ映像例

ハイダイナミックレンジモードでは、複数の露出をカメラ内で合成することで、反射率の高いものと低いものが混在するハイコントラストで複雑なシーンでも、正確な奥行き情報を得ることができます。

Helios2 3D Time of Flight product video Thumbnail

ハイスピードモード動画例

高速モードでは、単一の位相計測による奥行き知覚を可能にし、より速い取り込み速度と高いフレームレートを実現します。これにより、精度と距離範囲を犠牲にしても、動く物体を歪みなく3Dイメージングすることができます。

Helios2 3D Time of Flight product video Thumbnail

仕様

インターフェース・電源
インターフェース1000BASE-T GigE, M12 X-coded, PoE
外部コネクタ8 pin M8 connector
Opto-Isolated I/O Ports1 input (2.5V-24V and 10.5V-24V), 1 output
Non-Isolated I/O Ports2 bi-directional
電源PoE+ (IEEE 802.3at) or 18-24 V through GPIO
消費電力12-24Vdc, Pavg <12W, <30W peak power
センサー
センサ名Sony DepthSense IMX556PLR CMOS
電子シャッター方式グローバルシャッター
センササイズ1/2型 8 mm
有効画素数 HxV640 x 480 px, 30万画素
画素サイズ10.0 µm (H) x 10.0 µm (V)
フレームレート30 FPS @ 0.3 MP (ノーマルモード)*
10 FPS @ 0.3 MP (HDRモード)*
103 FPS @ 0.3 MP (ハイスピードモード)*
*詳細は以下のFPSチャートをご覧ください。
筐体
外形寸法60 x 60 x 77.5 mm
質量398 g
ほこりや水の保護IP67 (IP67保護には、Helios2をIP67ケーブルと共に使用する必要があります)
周囲光フィルターはい、内蔵カメラ
視野角度69⁰ x 51⁰ (nominal)
Illumination4 x VCSEL laser diodes, Class 1, @ 850nm
準拠規格
マシンビジョン規格GigE Vision v2.0, GenICam 3D
規格CE, FCC, RoHS, REACH, WEEE,
Eye Safety Class 1 IEC/EN 60825-1:2014
動作温度-20° to 50°C (Case Temperature)
耐衝撃と耐振動DIN EN 60068-2-27, DIN EN 60068-2-64
産業用EMC耐性DIN EN 61000-6-2
サポートされているO.S.Windows and Linux
サポートされているソフトウェアArena SDK, C++, C, C#, Python
ビデオフォーマット
範囲データ
Coord3D_ABCY164-ch point cloud XYZ + Intensity, 16 bits per channel, unsigned
Coord3D_ABC163-ch point cloud XYZ, 16 bits per channel, unsigned
Coord3D_C16Depth map Z plane, 16 bits, unsigned
Coord3D_C16Y8Depth Map Z plane, 16 bits + Intensity, 8 bits, unsigned
Coord3D_CY16Depth Map Z plane + Intensity, 16 bits for each channel, unsigned
Intensity Image
Mono88 bit per pixel monochrome raw image
Mono12Packed12 bit per pixel monochrome raw image
Mono12p12 bit per pixel in bit stream, monochrome raw image
Mono1616 bit per pixel monochrome raw image
Confidence Data
Confidence16Confidence map, 16 bits
画像処理機能
露光時間HDR:自動
手動、3設定: 62.5 μs, 250 μs or 1000 μs
ゲイン手動、2設定: ハイまたはロー
同期方式ソフトウェアトリガー, ハードウェアトリガー, PTP (IEEE1588 同期モード)
Output FormatBinary .PLY file (via Arena SDK)
カメラ機能
ユーザーセット1 default and 2 custom user set
監視範囲1250 mm, 3000 mm, 4000 mm, 5000 mm, 6000 mm, 8333 mm, (Total range: 0.3 m to 8.33m)
ハイスピードモード, 3 Modes: (1) 625 mm, (2) 1250 mm, (3) 2500 mm
Accuracy± 3 mm (Up to 1.5m)
Precision (Depth Noise)0.7 mm @ 1 m
コミュニケーションチャンネル5チャネル。カメラ間の干渉なしに、最大5台のHeliosカメラを操作できます。
Flying Pixel FilterYes
Intrinsic parameters available
ノーマルモード – 最大フレームレート
モード周波数フレームレート
1250 mm120 MHz30 FPS
3000 mm50 MHz30 FPS
4000 mm37 MHz30 FPS
5000 mm120 + 90 MHz30 FPS
6000 mm25 MHz30 FPS
8300 mm90 + 72 MHz30 FPS
ハイスピードモード – 最大フレームレート
モード周波数
フレームレート
ビデオフォーマット:
Coord3D_ABCY16
フレームレート
ビデオフォーマット:
Coord3D_ABC16
フレームレート
ビデオフォーマット:
Coord3D_CY16
フレームレート
ビデオフォーマット:
Coord3D_C16Y8,
Coord3D_C16,
Confidence16,
Mono8/12p/16
625 mm100 MHz45 FPS60 FPS90 FPS103 FPS
1250 mm50 MHz45 FPS60 FPS90 FPS103 FPS
2500 mm25 MHz45 FPS60 FPS90 FPS103 FPS


HDRモード – 最大フレームレート
HDR モード説明デプスフレーム数フレームレート
Standard HDRExposure fusion of:
• 1 x 62.5 µs
• 1 x 250 µs
• 1 x 1000 µs
(x2 in multi-frequency modes)
3
(x2 in multi-frequency modes)
10
Low Noise HDR
(4x1000us)
Exposure fusion of:
• 1 x 62.5 µs
• 1 x 250 µs
• 4 x 1000 µs
(x2 in multi-frequency modes)
6
(x2 in multi-frequency modes)
5
Low Noise HDR
(8x1000us)
Exposure fusion of:
• 1 x 62.5 µs
• 1 x 250 µs
• 8 x 1000 µs
(x2 in multi-frequency modes)
10
(x2 in multi-frequency modes)
3

パフォーマンス結果

Helios2+ Performance Results
Interactive graphs

Helios2 Accuracy

Distance (m)Accuracy
 1250mm Mode (up to 1.25m)± 4 mm 
 3000mm Mode (up to 3.0m) ± 10 mm
 4000mm Mode (up to 4.0m) ± 10 mm + 0.25% of depth
 5000mm Mode (up to 5.0m) ± 4 mm + 0.1% of depth
 6000mm Mode (up to 6.0m) ± 10 mm + 0.5% of depth
 8300mm Mode (up to 8.3m) ± 4 mm +0.2% of depth
Helios2+ Precision

 Distance (m) 1250mm Mode3000mm Mode4000mm Mode 5000mm Mode 6000mm Mode 8300mm Mode 
 0.5* 1.0 mm 1.9 mm 2.1 mm 0.7 mm 3.6 mm 0.8 mm
 1 0.8 mm 1.3 mm 2.1 mm 0.6 mm 2.7 mm 0.6 mm
1.5 1.1 mm 2.5 mm 2.9 mm 0.9 mm 4.0 mm 1.1 mm
 2 1.8 mm 3.7 mm 4.9 mm 1.4 mm 7.8 mm 1.7 mm
 3  5.7 mm 8.6 mm 2.2 mm 10.0 mm 2.5 mm
 4   12.3 mm 3.3 mm 15.7 mm 4.1 mm
 5    5.1 mm 28.1 mm 6.1 mm
 6     30.1 mm 7.9 mm
 7     11.8 mm
 8     14.48 mm

*0.5 m distance precision measured with 250 µs exposure time, all other distances using 1000 µs exposure time measured with white paper target.

Test Conditions:

  • Target: White paper mounted on bar attached to motion stage
  • Helios2 positioning: mounted on tripod, laser distance meter used to measure distance from case front to stage zero position
  • Camera setting: Coord3D_C16 Pixel Format, bilateral filtering OFF, camera warmed up for 20 minutes.
  • Imaging environment: Room light on during testing, black material used to minimize reflections off floor
  • Motion stage moved in 50mm steps, for each step measure depth over 10×10 pixel ROI at image center, repeat 32 times at each position
  • Accuracy measured as difference between camera’s average measured depth across the ROI and 32 images and the ground truth depth (stage zero distance + stage position)

外形寸法図

Helios2 カメラ外形寸法図
Helios2 Dimensional Drawings

スタートガイド / ソフトウェア

スタートアップガイド

カメラのセットアップについては、「スタートアップガイド」をご覧ください。このページでは、 以下の方法ついて説明します。
  • 初めてカメラを接続する
  • Arena SDKまたはサードパーティのソフトウェアのダウンロード・インストール
  • ホストPCとカメラでジャンボフレームを有効にする
  • カメラのIPアドレスを割り当てる
  • カメラのファームウェアを更新する

ダウンロード

  • ソフトウェア – Arena SDK
    (SDK本体・Viewer・サンプルコード)
  • 三次元CADモデル (.step)
  • ファームウェア
  • 取扱説明書

アクセサリー

三脚アダプタ、レンズ、ケーブル、およびPoEインジェクタ/インターフェイスカードは別売りです。
重要:民生用マザーボードおよびラップトップのイーサネットポートの多くは PoE をサポートしていません。
すべてのアクセサリの詳細については、 当社のアクセサリページをご覧ください。
Helios2用ケーブルManufacturer Part #LUCID Part #
2m, M12のイーサネット ケーブル、RJ45への産業Cat6aケーブルM12 Xコード, IP67LUCID CAB-MR-2MCAB-MR-2M
5m, M12のイーサネット ケーブル、RJ45への産業Cat6aケーブルM12 Xコード, IP67LUCID CAB-MR-5MCAB-MR-5M
15m, M12のイーサネット ケーブル、RJ45への産業Cat6aケーブルM12 Xコード, IP67CAB-MR-15MCAB-MR-15M
M12-RJ45 IP67 Cat6aケーブル[直角、下] – 5 m、深緑色LUCID CAB-MR-5M-RA1CAB-MR-5M-RA1
M12-RJ45 IP67 Cat6aケーブル[直角、下] – 15 m、深緑色LUCID CAB-MR-15M-RA1CAB-MR-15M-RA1
M12-RJ45 IP67 Cat6aケーブル[直角、上] – 5m、深緑色LUCID CAB-MR-5M-RA2CAB-MR-5M-RA2
M12-RJ45 IP67 Cat6aケーブル[直角、上] – 15m、深緑色LUCID CAB-MR-15M-RA2CAB-MR-15M-RA2
8ピン、1.0m GPIOケーブル、M8コネクターGPIO-M8GPIO-M8
8ピン、5.0m GPIOケーブル、M8コネクターGPIO-M8-5MGPIO-M8-5M
8ピン、15.0m GPIOケーブル、M8コネクターGPIO-M8-15MGPIO-M8-15M
8ピン、5.0m GPIOケーブル、M8コネクター [直角、下(Triton)、上(Atlas/Helios)]LUCID GPIO-M8-5M-RA1GPIO-M8-5M-RA1
8ピン、15m GPIOケーブル、M8コネクター [直角、下(Triton)、上(Atlas/Helios)]LUCID GPIO-M8-15M-RA1GPIO-M8-15M-RA1
8ピン、5.0m GPIOケーブル、M8コネクター [直角、上(Triton)、下(Atlas/Helios)]LUCID GPIO-M8-5M-RA2GPIO-M8-5M-RA2
8ピン、15m GPIOケーブル、M8コネクター [直角、上(Triton)、下(Atlas/Helios)]LUCID GPIO-M8-15M-RA2GPIO-M8-15M-RA2
三脚アダプター
三脚アダプタ (Atlas / Helios / Helios2)ATL-TRATL-TR
PoE +インターフェイスカード、電源
注:Helios2が適切に動作するには、IEEE 802.3at(PoE +)準拠のインターフェイスカードまたはインジェクターが必要です。以下のアクセサリが準拠しています。
10G/5G/2.5G/1G PoE+ NBASE-TネットワークカードPCIE-POE1-MG2PCIE-POE1-MG2
2 チャンネル PCIe GigE Vision PoE+ ネットワークカードADLINK PCIe-GIE72PCIE-POE2
4 チャンネル PCIe GigE Vision PoE+ ネットワークカードADLINK PCIe-GIE74PCIE-POE4
M8ケーブル GPIO AC電源 (NA/EU/AU)CUI INC SDI65-18-UM8P-US1, M8P-EU1, M8P-AU1