Atlas10 10GigE Models

型番画素数解像度フレームレートセンサ名センササイズ画素サイズ電子シャッター方式レンズマウントモノクロ/カラーインターフェース
ATX470S47.0 MP8240 x 5628 px22.5 fpsSony IMX492 CMOS1.4"2.315 µmローリングシャッタTFL (M35 x 0.75)モノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX245S24.5 MP5320 x 4600 px45.4 fpsSony IMX530 CMOS4/3"2.74 µmグローバルシャッターTFL (M35 x 0.75)モノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX204S20.4 MP4504 x 4504 px54.1 fpsSony IMX531 CMOS1.1"2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX162S16.2 MP5320 x 3032 px76.1 fpsSony IMX532 CMOS1.1"2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX124S12.3 MP4096 x 3000 px89.7 fpsSony IMX535 CMOS1/1.1″2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX081S8.1 MP2840 x 2840 px136.7 fpsSony IMX536 CMOS2/3″2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX051S5.0 MP2448 x 2048 px205 fpsSony IMX537 CMOS1/1.82.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12

Atlas10 Featuring IMX530 CMOS - EMVA 1288 Data

量子効率 (@ 500nm)

74.3%

時間ダークノイズ(読み取りノイズ)

2.13 e-

ダイナミックレンジ

70.57 dB

飽和容量

9253 e-

絶対感度閾値

3.73 γ

QEデータを表示するには、折れ線グラフのポイントにカーソルを合わせます。

EMVA 1288 is the Standard for Measurement and Presentation of Specifications for Machine Vision Sensors and Cameras. For more information of the EMVA 1288 standard please visit http://www.emva.org/standards-technology/emva-1288/

Atlas10 10GigE Models

型番画素数解像度フレームレートセンサ名センササイズ画素サイズ電子シャッター方式レンズマウントモノクロ/カラーインターフェース
ATX470S47.0 MP8240 x 5628 px22.5 fpsSony IMX492 CMOS1.4"2.315 µmローリングシャッタTFL (M35 x 0.75)モノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX245S24.5 MP5320 x 4600 px45.4 fpsSony IMX530 CMOS4/3"2.74 µmグローバルシャッターTFL (M35 x 0.75)モノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX204S20.4 MP4504 x 4504 px54.1 fpsSony IMX531 CMOS1.1"2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX162S16.2 MP5320 x 3032 px76.1 fpsSony IMX532 CMOS1.1"2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX124S12.3 MP4096 x 3000 px89.7 fpsSony IMX535 CMOS1/1.1″2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX081S8.1 MP2840 x 2840 px136.7 fpsSony IMX536 CMOS2/3″2.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12
ATX051S5.0 MP2448 x 2048 px205 fpsSony IMX537 CMOS1/1.82.74 µmグローバルシャッターCモノクロ/カラー10GBASE-T, M12

Atlas10 Featuring IMX530 CMOS - EMVA1288 Data

量子効率 (@ 500nm)

74.3%

時間ダークノイズ(読み取りノイズ)

2.13 e-

ダイナミックレンジ

70.57 dB

飽和容量

9253 e-

絶対感度閾値

3.73 γ

Atlas10 camera, Sony IMX530 pregius emva1288 quantum-efficiency

アクティブ センサー アライメント

Active Sensor Alignment for Triton Camera

より大判のセンサでは、センサの傾斜や回転にわずかなずれがあっても、画像に悪影響を及ぼすことがあります。 センサの傾斜と回転を最小限に抑え、レンズ光軸に画像センサの中心を配置するためにすべてのAtlasカメラでアクティブアライメントがなされているのはそのためです。 こうして精確に取り付けられ、レンズマウントにアライメントされた大判センサにより、画像は隅でも鮮明でくっきりとしています。 弊社のアクティブセンサアライメントプロセスに関するテクニカルブリーフについてより詳しく読む。

信頼性の高いTCPデータ転送

ハードウェアレベルの信頼性を活用する

フロー制御

パケット再送信

大きなパケット結合/オフロード

TCPのフロー制御、パケット再送信、LRO/RSC技術は、ハードウェアレベル(FPGA/NIC)で動作しながら、フルフレーム配信を保証する広帯域の画像転送を提供します。LUCIDは、10GigEカメラAtlas10において、UDPGigE Vision)とTCPの両方のプロトコルをサポートしています。ユーザーは、Arena Software Development Kitを使用して簡単にプロトコルを切り替えることができます。LUCIDのフィルタドライバは、高速で低遅延のデータ伝送のためにUDPを大幅に最適化していますが、ユーザーによっては、TCPを選択することで、何よりも保証されたフルフレームの配信を優先させたいと考えるかもしれません。 UDP接続でパケット落ちやCPU使用率が高い場合、TCPなら10GigEカメラとホストPC間でより信頼性の高いデータ転送を行うことができます。 LUCID10GigE IPコアはAtlas10カメラに搭載されており、従来のUDP接続に加えTCP接続もサポートすることで、10GigEビジョンアプリケーションの構築において、より多くの選択肢をユーザーに提供することができます。Atlas1010GigEカメラにおけるTCPの詳細については、技術概要をご覧ください (イングリッシュ) 

信頼性の高いTCPデータ転送

10Gbps - Power over Ethernet (PoE+) を搭載し速度5倍のGigE Vision

Power Over Ethernet

Power over Ethernet (PoE+, IEEE 802.3at) では、1本のM12イーサネットケーブルを通じてデータと電力の両方を伝送・供給できるため、必要なケーブルの数を減らし、将来の保守を最小限にすることで価値を付加します。

GigE Vision, 100%準拠

Atlas10には、GigE Visionに準拠するサードパーティのソフトウェアやハードウェアベンダーと互換性があります。 これにより、さまざまなベンダーを通した信頼性の高い一貫した運用が確実になります。

M12およびM8コネクタ

M12イーサネットおよびM8 GPIOコネクタは、産業環境の需要に耐えられるよう設計されています。 M12イーサネットコネクタはIEC 61076-2-109規格に準拠しており、GigE Vision規格に含まれています。 その堅牢な設計は、強力な振動に対する抵抗と電気的干渉からの保護を可能にしています。 セキュアな8ピンのM8 GPIOコネクタはIEC 61076-2-104規格に準拠しており、オプトカップル入力ライン、オプトカップル出力ラインおよび2つの双方向ラインを搭載しています。 M12イーサネットおよびM8 GPIO接続は、産業、自動車製造、農業、工程管理、食品・飲料、医療用途などの要求レベルの高い用途により優れた選択肢です。

m12 m8-産業用ケーブル