あなたのアプリケーションを進化させる。成果を高める

マシンビジョンカメラの技術概要

Phoenix Phoenix は、フレキシブルなGigE PoE カメラ モジュールで、容易にOEM製品に組込みできるよう設計されています。さまざまな用途に適用できるよう、0.4MP~20MPのセンサー、4種類のレンズマウント、3種類のインターフェースコネクターから選択できます。 詳しく見る

OEMインテグレーションを容易にするフレキシブルカメラモジュール

TM 24x24 mm & 28x28 mm Sizes Gige-Vision-Logo-white genicam-logo-white Phoenix Machine Vision Camera phoenix-camera-Lens-Mount Phoenix-camera-different-camera-shapes-200 Phoenix-Connectors 4 Lens Mounts 3 Camera Orientations 3 Connectors

Slide Triton 優れた光学性能を実現するアクティブセンサアライメント機構、軽量、小型の29 x 29 mmサイズ、密閉レンズチューブによるIP67を実現するTritonカメラはいかなる厳しい環境にも適しています。
M12 EthernetおよびM8 I/Oコネクタが、衝撃、振動に強い頑丈かつ堅牢な接続を提供します。
革新的なIP67カメラ技術。防塵・耐水29x29mmカメラ。 Tritonカメラは産業用カメラ市場に新しい費用対効果の基準を打ち立てます。 Triton Machine Vision Camera M12 GigE PoE M8 8-Pin GPIO 29 x 29 x 45 mm Case IP67 Lens Tube Mount TM 詳しく見る Triton Factory tough

Atlas Atlas は、GigE Vision および GenICam 準拠のカメラで、データ転送速度 600 MB/s (5Gbps) に対応しており、標準の Ethernetケーブル (最大 100m) を介した高解像度・高フレームレートの撮影が可能です。TFLマウントを有し、マウントアダプターを介してFマウントレンズを装着することも可能です。アクティブセンサーアライメントにより優れた光学性能を発揮します。 500万画素〜3100万画素ソニーPregiusセンサー搭載 5GBASE-T PoE対応 TM Atlas 5gige industrial camera 工場自動化や検査、自律型ロボット、ロジスティックス、飲食品、医療、バイオメトリクスなどの産業用途向けに設計されています。 5GigE 詳しく見る 600
MB/s
CAT5e
CAT6

Slide 10GigE with PoE Logo Atlas10 10Gige Camera with PoE Atlas10 1.2GB/sの広帯域
16.2 - 24.5MPのソニー Pregius-S CMOS
アクティブセンサアライメント
PTP IEEE1588 同期モード
PoE Enabled
Gige-Vision-Logo-white genicam-logo-white 新しいカメラAtlas10は、ソニーの第4世代Pregius S CMOSセンサーを搭載しており、10GBASE-T PoEで1.2Gb/秒の帯域を実現し、高速アプリケーション向けに新たなレベルの撮像性能を実現しています。ソニー独自の裏面照射型画素構造により、前世代のソニー Pregiusと比較して優れた画質を維持しつつ、画素サイズを2.74μmまで縮小することが可能となった。Atlas10シリーズの最初のモデルは、24.5MPのSony Pregius S IMX530グローバルシャッター4/3インチイメージセンサーを搭載しており、フル解像度で最大51枚/秒を実現しています。後続モデルには、IMX531を搭載した20.4MPとIMX532を搭載した16.2MPがあります。 Atlas10 10GigE Camera with Sony Pregius S IMX530 4th generation Sony pregius-s 詳しく見る

Helios 次世代 3D ToF (Time-of-Flight) カメラ TM Gige-Vision-Logo-white genicam-logo-white ToF logo PoE(Power over Ethernet)対応のGigE Vision,
産業用M12コネクタの採用,
M8 GPIO トリガーと同期.
Helios2 3D Time of Flight (ToF) Camera Helios2 3D Time of Flight (ToF) Camera M12 Gigabit Ethernet Sony DepthSenseを搭載 IMX556PLR CMOS Back-Illuminated ToF Sensor
640x480 @ 30FPS, 1㎜以下の繰り返し精度
IP67対応の工業品質 汚れ、ほこりと水の保護、
高いEMC耐性-IEC / EN 61000-6-2認定
850nm Class 1 VSCELs マルチ周波数、高変調コントラスト。目の安全。
最大8.3mまでのワーキングディスタンス
2 詳細はこちら Helios2 3D Time of Flight (ToF) Camera

LUCIDカメラの利点

24時間365日の信頼性

画像伝送の向上

当社の高性能ドライバーを搭載
信頼性の向上とCPUリソースの削減に重点を置いて設計されています。当社の高性能GigEドライバを使用することで、カメラからホストへのデータパケットを優先的に処理することで、パケットロスの可能性を低減します。

画像バッファ付き
フェニックスとトリトンは128MB、アトラスは380MBの画像バッファを搭載しています。画像バッファは、最近取得したフレームを再送可能なように保存することで、画像の損失や画像の乱れを大幅に軽減します。

効率的なパケット再送信を実現
当社の次世代ISPを利用することで、カメラはより多くの時間とリソースを確保し、効率的で超低遅延のパケット再送信を実現します。

アクティブセンサーアライメント

オプティカルイメージングの精度

アクティブセンサーアライメント

Active Sensor Alignment for Triton Camera

すべてのTritonおよびAtlasカメラは、イメージセンサーの傾きや回転を最小限に抑え、イメージセンサーの中心がレンズの光軸と一致するように積極的にアライメントされています。また、6自由度の製造プロセスにより、イメージセンサーをレンズマウントに正確かつ精密に配置することで、隅々までシャープで鮮明な画像を実現しています。
アクティブセンサーアライメント

期待通りの結果が得られる

効率と信頼性の最大化

on-camera firmware update tool

オンカメラでのファームウェアアップデート

カメラに搭載されたファームウェアアップデートツールにより、ユーザーフレンドリーで安全なアップデートプロセスを実現しています。アップデートプロセスに多層的な検査ポイントを追加したことで、障害が発生した場合、カメラは以前のファームウェアを回復し、自動的に立ち上がることができるようになりました。

streamlined isp

流線型の近代建築

当社の画像信号処理(ISP)パイプラインは、速度と効率を最大化するように設計された最新のアーキテクチャでゼロから構築されています。例えば、FPSの制限を受けずにROIを変更してフレームレートを向上させたり、フレームレートを低下させずにカラーコレクションマトリックス(CCM)を有効にしたり、真のゼロパケットディレイでシステム全体の速度を向上させたりすることができます。

Camera testing

豊富な品質テスト

私たちは、カメラ製造の経験から、卓越した品質の産業用カメラを製造しています。私たちは、広い環境許容範囲と低EMIのために、私たちのカメラをテストし、認定します。私たちのカメラは、他の部品との予期せぬ干渉がないように、産業環境に耐えるように作られています。

より早くスタートするために

慣らし運転時間の短縮

Arena SDK
Arena SDKは、効率的でカスタムなカメラコントロールのための包括的なAPIリスト、すぐに使いこなせるコードサンプル、ストリーミングやカメラの検証を簡単に行うことができるArenaViewを提供します。

HTMLユーザーマニュアル
HTML形式の取扱説明書で、カメラの知識を素早く簡単に習得できます。大きなPDFファイルをダウンロードすることなく、機能の検索やトピックの閲覧ができます。

専門スタッフへの問い合わせ
当社のセールス&サポートスタッフは、全員が豊富な業界経験を持っています。お客様のご質問にお答えします。お問い合わせ 詳細はこちら。

Scroll Up